ポメラ(POMERA)で2番目に参考になるサイト 携帯用テキストエディタの徹底活用法

ポメラとコラボで効率アップなグッズ(その1)

耳栓型イヤホンの利用

ポメラとセットで使うグッズでもっともおすすめな商品は、「耳栓型イヤホン」です。耳栓型イヤホンとは、通常のイヤホンとは異なり、耳の穴に入れるタイプのものです。遮音効果が高いため、電車や地下鉄などの交通機関に乗っているときでも音楽などが楽しめる、よりリアルな音が聞けるものとして、ここ数年で急速に広まっています。

ポメラを利用するときにこのイヤホンを使う理由は、「周りの雑音をシャットダウンし、集中できる環境を作るため」です(耳栓型イヤホンは、主に外出先でポメラを使うときに使います。)。ポメラはメールもウェブも使えない、文字を打つことのみに集中できる環境が整っています。しかし、せっかく文字を打つ状況が最高に整っていても、周りがうるさくて集中できないのではその効果も半減しています。周りの騒音を排除することで、より集中できる状況を作り出すのが、耳栓型イヤホンの役割です。

なぜ、ふつうの耳栓ではいけないのでしょうか。その疑問に対しては、2つの理由があると私は考えています。1つは、耳栓型イヤホンは、MP3プレーヤーなどにつないで音を出すことができるためです。通常の耳栓には雑音を防ぐ効果しかありませんが、耳栓型イヤホンなら雑音を防ぎつつ、ほかの音を耳に流すことができます。例えばリラックス効果のある音楽を流したり、原稿書きに関連するセミナーの音声ファイルを聞いたりすることができます。聴覚を単にシャットダウンするだけではなく、原稿書きにプラスになるように積極的に利用するという発想です。ちなみに、直接ポメラとは関係ありませんが、最近通勤時間などを利用して音声から勉強する「耳勉」なるものも流行っていますので、そういったことにも活用できる商品です。

もう1つの理由は、通常のイヤホンよりも見た目的に自然であることです。たとえばファーストフード店などで友人と談笑していて、隣の人が耳栓をしながら作業をしていたらどうでしょうか。私だったら「あ、うるさいのかな」と気にしてしまいます。別に黙っていなければいけないようなお店ではないとしても、やはり気になります(私が気にしすぎなんでしょうか)。そういったときにイヤホンをしていれば、「音楽でも聞いているのかな」と感じる程度で、自分たちがうるさいのかと気にすることは無くなります。このように、通常のイヤホンは多少なりともまわりに「うるさいぞ」という気配を発してしまうため、私は避けるようにしています。

以上のような理由から、私は耳栓型イヤホンを愛用しています。(※リンクからは楽天市場の商品一覧をご覧になれます)。価格は安価なものなら1000円程度で販売されています。1つ持っていればいろいろなところで活躍しますので、是非ポメラとセットでご用意されることをおすすめします。

 

>> 次のページ [ポメラと相性のいいグッズ2]

KING JIM POMERA

ポメラを使うには、まず以下の3点セットを用意しましょう。

1.ポメラ本体
 ※参考・・・新機種と旧機種の違い

2.充電電池(単4電池4本、充電器)
 ※1度に使うのは2本。使いまわし用に4本あると便利。

3.microSD
 ※本体には少ししか保存できないため、必須。
 ※容量は2GBまで。SDHCは非対応なのでご注意ください。
  (新機種のDM20、DM100ではSDHCにも対応しています。)

※リンクからは楽天市場の商品一覧をご覧いただけます。

>> ポメラ本体の現在の価格を確認
  ※旧機種のDM10は、現在、以前よりもお求めやすい価格になっています。

>> ポメラ本体の評判を確認

※楽天市場での商品価格及び購入者の感想をご覧いただけます。

これら以外に、必要に応じて覗き見防止シートや本体を収納するケースなどの付属品を揃えていくとよいでしょう。



▲ 動画(起動の様子)



▲ ついに新機種登場!!



▲ 出し入れしやすく、安心して持ち運べる専用ケース

※画像は楽天市場の商品です。