ポメラ(POMERA)で2番目に参考になるサイト 携帯用テキストエディタの徹底活用法

ポメラとコラボで効率アップなグッズ(その2)

ブックストッパーの活用

耳栓型イヤホンの次におすすめなのが、ブックストッパーです。これは、開いた本に重みのあるクリップを挟んで書籍を開いた状態でおいておく、というアイデア商品です。おそらく、そもそもアウトプットする人をターゲットにした商品で、本を開いた状況で引用するなり、本の内容を転記するときに役立つ商品です。

我々の知識や知恵は、1から自分で編み出したものは基本的になくて、五感で自分に入ってきた経験や知識を組み合わせたり、組み替えたりすることによってできています。ですので、アウトプットしている内容も、過去の経験や知識を元にしています。私は、その経験や知識の元になったものを覚えている場合は、極力紹介するようにしています。それは、「その経験・知識を提供してくれた人への感謝の気持ちを表すため」という目的と、「読み手の理解を補完するきっかけを提供するため」という2つの目的があります。前者は文字通り、特に解説することはありませんが、後者の「理解を補完する」とはどういうことか、若干解説します。読み手が私の文章を読んでくれたときに、私の文章で意図が十分伝わらないことがあります。これは、私の文章力の問題もあると思います。ます。ただ、そもそも文章のコミュニケーションは100%伝わる、ということはありません。そこはある程度仕方のないことで、もし読み手がもう少しこの考え方を詳しく知りたい、深く掘り下げたい、と言った場合に、考えのもとになっている書籍などを発見できれば、読み手はその書籍を手にとって、理解を深めることができます。このように、引用というのは単なる紹介だけではなく、読み手の理解を深める、という目的も持っているのです。

ブックストッパーを持っていると、面倒な引用作業の負荷を大幅に軽減させてくれます。少し大げさかもしれませんが、ブックストッパーは重要な役割を持つ「引用」という作業を促進してくれるものなのです。(※リンクからは楽天市場の商品一覧をご覧になれます)。

 

>> 次のページ [ポメラでアウトプットを倍増]

KING JIM POMERA

ポメラを使うには、まず以下の3点セットを用意しましょう。

1.ポメラ本体
 ※参考・・・新機種と旧機種の違い

2.充電電池(単4電池4本、充電器)
 ※1度に使うのは2本。使いまわし用に4本あると便利。

3.microSD
 ※本体には少ししか保存できないため、必須。
 ※容量は2GBまで。SDHCは非対応なのでご注意ください。
  (新機種のDM20、DM100ではSDHCにも対応しています。)

※リンクからは楽天市場の商品一覧をご覧いただけます。

>> ポメラ本体の現在の価格を確認
  ※旧機種のDM10は、現在、以前よりもお求めやすい価格になっています。

>> ポメラ本体の評判を確認

※楽天市場での商品価格及び購入者の感想をご覧いただけます。

これら以外に、必要に応じて覗き見防止シートや本体を収納するケースなどの付属品を揃えていくとよいでしょう。



▲ 動画(起動の様子)



▲ ついに新機種登場!!



▲ 出し入れしやすく、安心して持ち運べる専用ケース

※画像は楽天市場の商品です。