ポメラ(POMERA)で2番目に参考になるサイト 携帯用テキストエディタの徹底活用法

ポメラでアウトプットのシーンを増やそう

アウトプットのシーンを増やそう

ここからは、アウトプット量を劇的に増やすための方法をご紹介します。アウトプットの量を増やすためには、

1.アウトプットの時間を増やす(量)

2.アウトプットの効率を上げる(質)

単純ですが、この2点を向上させることが必要です。この2つのうち、てっとり早く改善できるのは1番の「量」です。まずは、時間を増やして当然その分たくさん文章を書くことを考えます。慣れてきたら、量をこなしながら、質をどうやってあげていくかということを考えていきます。この章では量と質両方を増やすための工夫をご紹介しますが、特に量をふやすための工夫に焦点を当てていきます。

※質の向上については、ポメラに関係なくいろいろなアイデアが巷で紹介されています。1つアドバイスするとすれば、とにかく量をこなすことで質があとからついてくるという面はあると思います。質については私もまだまだ発展途上ですので、当サイトでは細かいテクニックの紹介は行いません。

 

>> 次のページ [アウトプット倍増法 その1]

KING JIM POMERA

ポメラを使うには、まず以下の3点セットを用意しましょう。

1.ポメラ本体
 ※参考・・・新機種と旧機種の違い

2.充電電池(単4電池4本、充電器)
 ※1度に使うのは2本。使いまわし用に4本あると便利。

3.microSD
 ※本体には少ししか保存できないため、必須。
 ※容量は2GBまで。SDHCは非対応なのでご注意ください。
  (新機種のDM20、DM100ではSDHCにも対応しています。)

※リンクからは楽天市場の商品一覧をご覧いただけます。

>> ポメラ本体の現在の価格を確認
  ※旧機種のDM10は、現在、以前よりもお求めやすい価格になっています。

>> ポメラ本体の評判を確認

※楽天市場での商品価格及び購入者の感想をご覧いただけます。

これら以外に、必要に応じて覗き見防止シートや本体を収納するケースなどの付属品を揃えていくとよいでしょう。



▲ 動画(起動の様子)



▲ ついに新機種登場!!



▲ 出し入れしやすく、安心して持ち運べる専用ケース

※画像は楽天市場の商品です。