ポメラ(POMERA)で2番目に参考になるサイト 携帯用テキストエディタの徹底活用法

このサイトについて

このサイトでは、携帯用のテキストエディタを使って、より効率的・効果的にアウトプットする方法を紹介しています。携帯用のテキストエディタで最も優れたツールは、間違いなくKINGJIM社から発売された「pomera(ポメラ)」でしょう。そこで当サイトでは、ポメラに焦点を当て、ポメラをより快適に、そして有意義に活用するためのノウハウをご紹介します。とは言いつつも、ポメラ以外のテキストエディタでも活用できる汎用的なアイデアも紹介していますので、ポメラユーザーでない方にもお役に立てる情報を掲載できるよう心がけています。

>> ポメラを購入した人の感想 <<

※楽天市場の商品一覧と購入者の感想をご覧いただけます。

他の「ポメラについてのサイト」との違いについて

ポメラについて検索エンジンなどで調べてみると、ほとんどはポメラの機能について使ってみた感想をメリット・デメリットで分けて紹介しています。どんな機能がよかった、どんな機能が改良の余地がある、といった内容です。このサイトでは、そこからさらに一歩踏み込んで、どのように使えばポメラをより効率的に活用することができるか、事例を交えながら紹介しています。

ポメラで激変した私のアウトプット生活

実際にポメラを持ち運ぶようになってから、劇的にアウトプットの量が増えました。ポメラによって、時間の使い方が大きく変わったためです。ポメラを使う前は、週に1〜2回、気が向いたときにアウトプットする程度だったので、運営しているサイトの更新が滞りがちになったり、本などで勉強したつもりの内容も、読書したままで活用することがなかったり、ということが日常茶飯事でした。ところがポメラを使い始めてからは、毎日何かアウトプットをするようになりました。滞りがちだったサイトの更新の頻度も増え、このサイトをはじめとして新しいサイトの運営を始めることもできました。今では1日に最低1,000字以上のアウトプットをすることを心がけていますが、細かい作業時間を積み重ねていくことで、意外と簡単に達成できることも分かりました。これは成果をみて自分でも驚いたことの1つです。ぜひこの変化を皆さんにも体験していただければと思っています。

KING JIM POMERA

ポメラを使うには、まず以下の3点セットを用意しましょう。

1.ポメラ本体
 ※参考・・・新機種と旧機種の違い

2.充電電池(単4電池4本、充電器)
 ※1度に使うのは2本。使いまわし用に4本あると便利。

3.microSD
 ※本体には少ししか保存できないため、必須。
 ※容量は2GBまで。SDHCは非対応なのでご注意ください。
  (新機種のDM20、DM100ではSDHCにも対応しています。)

※リンクからは楽天市場の商品一覧をご覧いただけます。

>> ポメラ本体の現在の価格を確認
  ※旧機種のDM10は、現在、以前よりもお求めやすい価格になっています。

>> ポメラ本体の評判を確認

※楽天市場での商品価格及び購入者の感想をご覧いただけます。

これら以外に、必要に応じて覗き見防止シートや本体を収納するケースなどの付属品を揃えていくとよいでしょう。


▲ ついったーでつぶやき中

▲ 動画(起動の様子)



▲ ついに新機種登場!!



▲ 出し入れしやすく、安心して持ち運べる専用ケース

※画像は楽天市場の商品です。